肝斑とシミの違い【知らないと改善できませんよ?】

肝斑とシミの違い【知らないと改善できませんよ?】

肝斑とシミの違い【知らないと改善できませんよ?】

あなたは肝斑とシミの違いをちゃんと理解していますか?世の中の女性が悩むシミの大半は、『老人性色素斑』と言われています。

 

 

『肝斑』と『老人性色素斑』では、ケアする方法が異なるので、間違ったケアをすると肝斑・シミが改善されない可能性が高いので、面倒がらずにしっかりと理解しておいてください。

 

 

肝斑チェックシート

  • 30代後半から50歳近くになってから突然シミができた?
  • 太いハケのようなものでベタッと塗ったような広いシミですか?
  • 頬骨の高い位置に左右対称でシミができていますか?
  • 普段は薄い茶色や灰色で、夏になると若干ですが濃くなりますか?
  • 妊娠中やピルを飲んでいるとき、もしくは、更年期にシミができましたか?
  • 普段から日常的にストレスを感じていますか?
  • 生理前に濃くなることがありますか?

 

肝斑は更年期あたりから突然できたり、太いハケで塗ったような大きいシミが特徴です。
また、頬骨の高い位置辺りに左右対称でできたりします。これらのチェックに当てはまる場合は、肝斑である可能性が高いです。
どうしても、自分で判断できないのであれば、近くの皮膚科に行ってお医者さんから肝斑かどうかを聞いてみると良いですよ♪

 

 

あなたのシミが肝斑であると判断できた場合、肝斑は美白化粧品でケアすることができるので、本当に効果のある美白化粧品を見つけることが重要です。
当サイトでは、左上の方に私が実際に体験したレポートも含めて肝斑におすすめの美白化粧品を紹介しているので参考にして下さいね♪

 

合計10種類以上の化粧品を試した結果をTOPで紹介♪


ホーム RSS購読 サイトマップ